おくたまコーチング・てっつーの、本当の自分と出会うブログ

奥魂(おくたま)と繋がる/奥多摩在住パーソナルコーチ松本哲明(てっつー)の公式ブログです。コーチングやイベントの情報、奥多摩での生活の様子などを徒然と綴っています。

断捨離を最近はしてます。嬉しいことに、別の課題まで解決

 

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

最近、いわゆる断捨離に

励んでいます。

 

亀の歩みですが、少しずつ

部屋がスッキリとしてきた

感じがします。

 

その上、ついでに断捨離では

解決するとは思ってなかった

課題まで、解消してきています。

 

f:id:be_yourself_labo:20190422094757j:image

 

きっかけ

断捨離を始めたきっかけは

特に覚えていません。

 

年明けからメルカリに

出品し始めましたが、

それに勢い付いて、

出品できない物まで

処分し始めていました。

 

他にも、バッグ一つに入る

荷物だけで長旅をしている

友人の姿に刺激されたり。

 

 

 

 

予想外に古い物が出てくる

さて、処分していると、

自分で考えていた以上に

古くなった物を、後生大事に

仕舞い込んでいたなと

驚かされます。

 

 

一番驚いたのが茶葉。

 

4〜5年前に購入したものが

出てきました。

 

 

この4〜5年の間に4回

引っ越しをしています。

 

それらの機会にも

省みられること無く、

箱詰めされて、

僕と一緒に引っ越してきていた

ことになります。

 

なんとゆーことか!

 

 

大事なものだけに、

手放すタイミングを計るのは

難しいですね。

 

物持ちが良いのが、

軽い自慢でしたが、

少し見直したほうが

良いなぁと感じます。

 

 

 

 

嬉しい副作用

メルカリへの出品は

嬉しい副作用がありました。

 

奥多摩に移住してきて

課題になっていた

運動不足の解消です。

 

 

我が家から、

最寄りの郵便局やコンビニが

歩きだと、片道20分ほどかかる

距離にあります。

 

 

購入してもらった品物を

発送する為に、その距離を、

敢えて歩いて、

窓口へ持ち込むようにしたんです。

 

 

少しずつ出品すれば、

少しずつ売れます。

 

その都度、出ることになるので

それなりの頻度になります。

 

お陰で、少しずつ足腰が鍛えられて

きているのを感じています。

 

 

あとは、やはり出歩くので、

近所に知り合いができたりとかね。

 

 

 

最後に

メルカリに端を発して、

家の中で断捨離が進んでいます。

 

正直、

全然、物が減らないなぁとも

感じますが、それでも

部屋の風通しが良くなった

感じがするので、それで

成果を実感してます。

 

また、単に物が減る以上の

成果が出ているのが嬉しい!

 

目指せミニマリスト

 

 

おくたまより愛をこめて。

直観には、人生が上手くいくという以上の意図や目的がある

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

「内なる知性」がもたらす「直観」。

 

そこには、単に人生が上手くいく

という以上の意図があるようです。

 

ある方と、その意図について

やり取りをしました。

 

 

f:id:be_yourself_labo:20190415191209j:plain



直観の目的は成長を促すこと

「内なる知性」からのメッセージ。

 

その一つが「直観」。

 

直観に従って生きることを

勧めているわけですが、

直観がもたらしてくれるのは、

確かに人生が上手くいくこと。

 

でも、その裏側には、

もっと奥深い目的があるんです。

 

それは、成長することです。

 

 

 

ある方とのやりとり

以前、僕の「内なる知性コンサル」を

受けてくださった方が、SNSで、

「直観に従ったら大失敗した」

みたいなことを呟いていました。

 

新しいことにチャレンジしてみたものの、

ただの散財に終わってしまったと

いうことでした。

 

 

そこで僕のほうから、

こんなコメントをしました。

 

 

実は、直観って、別の側面があります。

それは「本人の成長を促す」こと。

必ずしも成功体験が

増えるということではないんです。

 

今回の件の前と後で、

自分自身にどんな変化が起きているのか

それを見てみると、

直観の「意図」が見えてくるかもしれません。

(見えなかったら、もっと長いスパンで

見る必要がある可能性もあります。)

 

そして、その意図を探ることがまた、

直観力を養うことにも繋がりますよ!

 

 

そしたら、このことを通じて

愛の力が深められたということに

氣付かれました。

(流石です!)

 

 

詳しくは、この記事の最後に貼った

ブログをご覧になってください。

 

 

 

 

移住がもたらした成長

僕自身を例にさせていただきますね。

 

例えば奥多摩への移住。

これは直観に従ってのことでした。

 

 

最初は、周りに人がいないので

寂しいし、経済的にも成り立つのか、

など、色んな不安がありました。

 

 

でも、ここまで奥多摩で過ごして、

あの時、奥多摩に移住しなかったら

起きなかったであろう大切な出会いや

変化が自分の中に沢山起きています。

 

深い自己信頼が得られたり、

ずっとチャレンジしたかった

ライス・ワークを手放すことも

できるようになりました。

 

 

 

成長という観点を加えると、

出来事ベースでは失敗という

ことになっても、より本質的に

見つめれば成功していることが

分かってきます。

 

それこそが、「内なる知性」が

伝えてきたことの意図なのです。

 

 

 

併せて読みたい

ameblo.jp

 

 

be-yourself-labo.hatenablog.jp

 

 

最後に

内なる知性があること。

そして、そこからのメッセージである

直観は、私たちを成長させるという

意図があることについて書きました。

 

ブログに綴ってくださった永加さん

ありがとうございます!

 

 

おくたまより愛をこめて。

2019年3月を振り返る/新しい流れが起き始めたのを実感した

 

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け

自分らしく生きる。

おくたまコーチ

松本哲明(てっつー)です。

 

 

いつも、このブログをご覧くださり、

有り難うございます。


2019年も4月に突入しました。


毎月のようにさせていただいている、

前月の振り返りです。

 

ブログ開始から23ヶ月目となった

先月3月の振り返りになります。

 

 

f:id:be_yourself_labo:20190412102447j:image

 

 

色んなものが動き始めた実感

2月に連続更新を卒業し、

3月は結局9記事でした。

 

 

記事には書き切れませんでしたが、

色んなものが、春の訪れと共に

動き始めた感じがしています。

 

 

特に人間関係でしょうか。

 

 

出会いが多く、しかも、

一つひとつの出会いが、

とても豊かな関係に

繋がることが多かった。

 

 

その中で、奥多摩に足を運んで

くださる方も増えてきました。

 

気候的に過ごしやすくなったのも

あるでしょう。

 

 

そして、それぞれが、奥多摩

気に入ってくれたのがまた

嬉しいことでした。

 

 

be-yourself-labo.hatenablog.jp

 

 

 

内なる知性を実感

最近、「内なる知性」という言葉を

紹介し始めています。

 

(僕の造語ですが。)

 

 

詳細は、コチラの記事を読んでいただけると

お分かりいただけると思います。

 

be-yourself-labo.hatenablog.jp

 

 

ここで「内なる知性」と呼んでいるものを

頭の理解ではなく、実体験として

感じられるようになったことに

気付いたのが、この3月でした。

 

 

その辺り、詳しくは改めて

記事にしようと思っています。

 

 

 

 

直観のインテリジェンス

「内なる知性」のことが実体験として

落ち着いたのに合わせるように

「直観のインテリジェンス」という

オンライン対話会が始まりました。

 

 

これは、僕と同じプロコーチである

溜 香世子さんと一緒に始めました。

 

 

「内なる知性」と僕が呼んでいる

普段は感じられない知性がいること。

 

その意図するところを感じ取り、

どのように実生活で活かすか。

 

 

そういった、これまでは非常に

個人的な体験だったものを

共有したり言語化してみたり。

 

そんなチャレンジがある

場になっています。

 

 

▼過去の案内

peatix.com

 

 

 

体調を整える期間となった3月

2月のレビューで書きましたが、

2月は心身に負荷がかかりました。

 

非常に有益なことではありましたが、

負荷も大きかった。

 

 

そこに花粉症の季節が到来。

 

 

体が本調子ではないため、

花粉症の症状も強く出ました。

 

 

3月は、そんなことで、

体調を整えることに一番

気を配った月となりました。

 

 

その成果か、4月に入って、

例年より早く症状が治まって

きています。

 

 

 

 

ご案内

chokkan3.peatix.com

 

「直観のインテリジェンス」の

第3回を4/25に予定しています。

 

ZOOMというオンライン会議サービスを

利用しますので、どこからでも、

もちろんどなたでも参加できます。

 

 

まぁ、それこそ、直観がピンと

きた方は、お気軽にご参加ください。

 

 

 

 

 

最後に

3月のレビューでした。

 

2月の、言わば試練・試験を通り抜け

新しい何かが始まった。

 

 そんなことを感じさせる3月でした。

 

 

 

おくたまより愛を込めて。

花粉症が、ほぼ終了!例年より早く終わってくれて嬉しいな

 

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

僕は花粉症持ちです。

 

関東はスギ花粉はほぼ終わり、

ヒノキ花粉に変わりました。

 

ヒノキになったら、花粉症が

殆ど気にならなくなりました。

 

 

f:id:be_yourself_labo:20190414213821p:plain

 

筋金入りの花粉症もち

僕は、おそらく20年以上前から

花粉症に悩まされてきています。

 

 

しかも、症状も強め。

 

 

スギ花粉もヒノキ花粉も

どちらにも反応します。 

 

 

そんな僕なのに、

何で360度、スギに囲まれた

奥多摩に移住したんだ、

なんて笑われます。

 

 

 

 

ヒノキで症状が出ない

そんな僕ですが、

今年は少し様子が違います。

 

スギ花粉がほぼ飛ばなくなった今、

花粉症の症状が、ほぼ出なくなりました。

 

 

室内にいるからかと思って

いましたが、試しに

外でもマスク無しで過ごしてみましたが

ほぼ問題なし!

 

 

例年は、ヒノキになっても

治まらないので、こんなことは

ちょっと記憶にありません。

 

 

 

 

最後に

花粉症が、例年より早く治まり、

嬉しくなってブログに書きました。

 

まだ、軽く症状は出ますので、

薬も念のため飲んでますが、

それも、半分の量です。

 

少しずつ体質改善に努めてきた

成果でしょうか。

 

でも、何が効いたのか分からないw 

 

 

おくたまより愛をこめて。

人生の冬を生きる

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

 

よく人生を四季に例えられますよね。

 

生まれた時が春で、晩年が冬と。

 

僕は、もっと短いスパンで繰り返す

「人生の四季」があると思っています。

 

先日、とあるクライアントさんに

セッションの中で、そんなことを

お伝えしました。

 

(ご本人の了承を頂いています。)

 

f:id:be_yourself_labo:20190410212339j:plain

 

悪循環に陥ってしまった

そのクライアントさんは

喪失感を味わっていました。

 

 

最近、身近な人を亡くされたこと。

 

ご自身の年齢的にも、

健康上の心配事が増えてきたり。

 

 

そんなことが続いて、

気落ちしている。

 

 

でも、いつまでもそんなことじゃ

良くない。

 

 

このままじゃ、

どんどん悪くなってしまいそう。

 

 

でも、体が動かない。。。

 

氣が付くと、ボーっとしていて、

やりたかったことは手付かずのまま。

 

 

手付かずのままになってしまう状況に、

益々落ち込んでしまう。

 

そんな悪循環を感じておられました。

 

 

 

 

 

自然から学ぶ 

そういう時は、人生の冬にいる

考えることを提案しました。

 

 

そういう時は、休んで良いんです。

 

休んで、養生することを

優先させるというか。

 

 

冬の生き方は、自然(樹木)を

参考にすると分かり易いです。

 

 

彼らは冬になると葉を落とし、

目に見える変化はありません。

 

 

でも、春になれば、新芽が芽吹く。

 

そのことで、目に見えないところで

力を蓄えるか何かをしていたことが

見て取れるわけです。

 

 

もし、冬の時期に新芽を出したとしたら。

 

恐らく、ちゃんと芽は育つことができず、

でも、芽吹くためにエネルギーは

消費される。

 

要は、単に消耗するだけで

終わってしまうのでしょう。

 

 

ちょっと勇気はいるけど、

思い切って休ませてあげる!

 

 

勤勉は大切ですが、

オンとオフも大事です。

 

 

 

 

 

自然の在り方を参考に

そんな自然の在り方から

学ばせてもらうなら。

 

 

「人生の冬」と呼べるフェーズは

必ず訪れること。

 

そして、そういう時を迎えたら、

エネルギーを無駄に消費させないこと。

 

むしろ、「その時」をちゃんと迎えるため

エネルギーを蓄えておくくらいで良い。

 

 

 

むしろ、木々が葉を落とすように、

もう不要になったものは

積極的に手放してみる。

 

 

 

そうでなければ、

DoingではなくBeingを整える。

鍛えたり、深めたり。

 

そんな目に見えないほうに

力を注ぐくらいで良いのかもしれません。

 

 

 

 

 

自分も体験したから言える

 

こんなこと、ちょっと前の自分だったら

言えなかったと思います。

 

 

「休んで良いんですよ」って。 

 

 

実は、僕自身が、こういう時期を

通り抜けている経験があります。

 

 

 

特に病気があったわけではありません。

 

健康診断を受けても、これといった

異常は出てきません。

 

 

でも、動けない。

 

動かない。

 

 

もう、開き直って、出来る限り

休むようにしました。

 

 

心身をリラックスさせてくれるような

ことには、逆に積極的に取り組みました。

 

そして、「動け」という心の声には

耳を傾けないことも意識して。

 

 

そのお陰で、今は、だいぶ普通に

動けるようになりました。

 

何より、そういう時期があっても、

困ることは無いし、

ちゃんと生きていける。

 

そんな、ある種の生存本能が

あるということを、

体験から学びました。

 

 

それが、こんな形で役に立つとは。

 

 

 

 

最後に

あるセッションで、クライアントさんに

お勧めした、人生の冬の時期の過ごし方

について書きました。

 

ある先輩コーチに、

こう言われたことがあります。

 

全てはリソースになる

 

本当にその通りだと思います。

 

そして、コーチという仕事は、

それが目に見えて感じられる。

 

この仕事にご縁があって

良かったなぁ~。

 

 

おくたまより愛をこめて。

ブログ開始2周年を迎えました!

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

今日、4月9日で、当ブログは

2周年を迎えました!

 

 

f:id:be_yourself_labo:20190409174137j:plain

 

まだ2年か~

2017年の今日、4月9日に、

このブログは産声を上げました。

 

 

以来、2年間に亘って、

悲喜交々を綴ってきました。

 

 

途中(617日)で

終わることになりましたが、

毎日更新するということにも

挑戦しました。

 

 

こうやって書きながら

振り返ってみると、

まだ2年しか経ってないのか

という感慨です。

 

 

 

 

自己開示型のブログです

ブログって、大きく2つの

種類に分類できるって思ってます。

 

一つは情報発信型。

 

グルメでも、ガジェットでも、

様々な情報をお届けするもの。

 

 

もう一つは自己開示型。

(と、僕は勝手に呼んでます。)

 

日記的というか、内面的な気づきも

綴っていく。

 

このブログは、そのような位置づけ。

 

 

ただ、その質感も、

収束しつつあるのを感じています。

 

今後の流れがどうなるのか、

自分でも探っている状況です。

 

 

 

Twitter始めました

このブログから自己開示的な面が

収束しつつあるので、Twitter

始めてみました。

 

そちらに、その機能を移しつつある

感じがしていますが、まだ

何となくしっくりきてはいません笑

 

良かったらフォローしてください!

 

twitter.com

 

 

最後に

ブログ開始2周年という節目を

迎えました。 

 

次々に変化・進化していくこのブログ。

引き続き、お付き合いください!

 

 

おくたまより愛をこめて。

直観という知性に従って生きる。内なる知性に従って生きる新しい時代の生き方の提案

当ブログにお越しくださり

有り難うございます!

 

魂の声に耳を傾け、

自分らしく生きる。

 

奥魂(おくたま)コーチン

松本哲明(てっつー)です。

 

 

「直観」に従って生きる。

 

そんな生き方の提案です。  

 

f:id:be_yourself_labo:20190325194749j:plain

 

内なる知性からのメッセージ

ここで触れている「直観」とは、

僕が「内なる知性」と呼んでいるものからの

メッセージ/意思伝達のことを指します。

 

 

いきなり造語を使ってしまいました。

 

 

「知性」や「理性」と呼ばれている

能力が私たちにはあります。

 

 

私たち人間は、このような能力を

複数持っていると、僕は考えています。

 

私達の身体で表現すると、

一般的には知性は頭(脳)にあると

考えられています。

 

 

その一方で、他の身体にも

知性が宿っているという視点もあります。

 

それは、昔から言われている、

「胸に手を当てて考えてみる」

「肚落ちする」

などと言った表現に、

その視点を垣間見ることができます。

 

 

一般的に使われている知性を

ここでは「従来の知性」とします。

 

それに対して、

こういった第二の知性のことを、

僕は「内なる知性」と呼んでいます。

 

仮にですが。

 

 

この記事は、「内なる知性」の「声」に

従って生きていくことの提案です。

 

 

 

 

時代の意識の流れを見返す

何故、今「内なる知性」に従う生き方なのか。

 

これは、時代の流れを俯瞰してみることで、

これからの時代に重要となることを

予測することもできます。

 

 

 

まず戦後の高度経済成長期まで遡ります。

 

 

この時代はアウトサイド・イン(外から内へ)

というものがありました。

 

具体的には、

親などの養育者から、

または会社(上司)から、

社会(社会制度)から、

要請されたことに従うことに

重きを置かれた時代がありました。

 

建前が重視された

とも言えるかもしれません。

 

 

次いでバブル崩壊後、90年代中頃から、

新たな価値観が生まれてきます。

 

 

今度はインサイド・アウト(内から外へ)

になります。

 

 

具体的には、自分の価値観に従うこと。

 

 

「好きなことを仕事にする」

「自分らしく生きる」

といったような言葉に表れている生き方。

 

 

「自分探し」という言葉も流行りました。

 

 

建前が重視された時代から、

本音が重視された時代になった。

 

そう表現もできます。

 

 

 

 

次の時代はこれ

そして、これからの時代に向けて、

次の価値観が求められていると感じます。

 

それが、先ほど書いた「内なる知性」からの

要請(=直観)に従って生きるというスタンス。

 

 

再び、アウトサイド・イン(外から内へ)

なのですが、この「外」の定義が異なります。

 

 

高度成長期の「外」は、他者でしたが、

今度のものは、先ほど触れた

「内なる知性」が「外」に該当します。

 

自分の普段の知性の外側です。 

 

 

つまり「外」でありながら、同時に

「内」(自分自身)でもあるのです。

 

 

だから、「自分らしく生きる」を

含んで超えたものにもなり、

「外」からのものに従っていますが、

同時に、内側のニーズも満たした

ものになるのが特徴です。

 

 

「内なる知性」に従っただけなのに、

自分らしく生きられている喜びも

伴うということです。

 

 

しかも、内なる知性に従ったほうが、

より高くて、かつ深いレベルでの

自分らしく生きる喜びがあります。

 

 

 

 

元号も、この生き方を推奨?

つい先日、平成に続く新しい元号

発表されました。

 

令和。

 

 

「令」の字の起源を探ると、

跪いて神託を受けている人の形から

来ているということ。

 

そこから転じて、

神のお告げを受け、神意に従うという

意味があるのだそうです。

 

 

正しく、内なる知性に従って

生きることと同義と言っても

過言ではないと感じます。

 

 

 

内なる知性の意思

「内なる知性」は三次元的な思考を

していないところに特徴があります。

 

四次元以上と言えるのでしょうか。

 

一番分かりやすいのは、

時間の概念が違うこと。

 

 

私たちの知性にとっては、時間は

過去から未来へ向かって流れているもの

という認識を持っています。

 

 

それに対して「内なる知性」は

時間の概念が無い。

 

或いは、

私たちにも分かるような感覚であれば、

過去も未来も、今この瞬間にある、とか、

畳み込まれていると見ています。

 

 

だから、

三次元的には実現していない未来も、

内なる知性にとっては、

実現している未来として

捉えることができてしまいます。

 

 

 

 

葛藤を通じて成長させてくれる

先ほど、「直観に従って生きると

深い喜びがある」と書きました。

 

そこで、一つ注意点があります。

 

 

最初は葛藤をもたらすことが多い

ということです。

 

 

というのも、従来の知性は

未来を知りません。

 

だから、判断材料が

過去から現在までがリソースの

積み上げ型。

 

方や内なる知性は未来も見えています。

ある意味、未来から逆算しています。

 

 

この認識の違いです。

 

この違いが、いわば

ミスコミュニケーションのようになり、

それが本人にとっては葛藤となります。

 

 

でも、この葛藤は、筋トレのための

負荷のようなもの。

 

この葛藤を活用しながら成長していく。

 

そのな意図も内なる知性にはあるようです。

 

 

なので、葛藤があるということは、

むしろ成長が始まっている証しだと思って、

喜ぶくらいで良いのです。

 

(単純に喜べないかもですけど、それでもOK。)

 

 

 

 

対話会・直観のインテリジェンス

今、ぷろコーチの溜香世子さんと一緒に

「直観のインテリジェンス」という

オンライン対話会を開催しています。

 

直観という、ある種、捉えどころの

見えにくいものに、一定の道筋を立て、

対話を通じて、各々が、その学びを

深めていきます。

 

対話を通じて、ただ学ぶだけではなく、

体験ベースまで落とし込めます。

 

 

次回は4/6(土)。

 

ぜひ、ご参加ください!

 

 

お申し込みはコチラからどうぞ! ↓

peatix.com

 

  

 

内なる知性コンサルのご案内

この直観をベースにした生き方は

現代の主流ではありません。

 

ロールモデルと呼べるような人を

見つけるのは難しいですし、

下手に人に相談すると、

返って否定され兼ねません。

 

それでは、せっかくのものが

台無しになってしまいます。

 

 

僕自身にとって、奥多摩への移住は

この直観に従うという生き方を

一段も二段もグレードアップさせ、

ある種の完成を見るプロセスでした。

 

 

その経験を活かして、直観に従う生き方を

自分のものにするためのサポートを

させていただいています。

 

また、どの様な形で、

内なる知性の意図が届くのか。

 

そんなことも、お伝えします。

 

 

自分以外の見えない意図があって、

それが自分を導いていると感じている方。

 

将来について、なんとなく、「こっち」

という想いがあるが、途方に暮れている方。

 

今までの価値観による生き方に

限界を感じている方。

 

 

まずは一度サンプルセッションを

お受けいただくことをおススメします。

 

 

 

 

最後に

直観に従って生きるという生き方の

提案でした。

 

僕が「奥魂」と呼んでいることの

背景を書かせていただいた感じです。

 

 

おくたまより愛をこめて。